寝巻きは浴衣で

日本に伝わってきた着物文化

着物は理にかなっている

肌着、襦袢、着物と幾重にも重ねるのと帯をまくから冷えしらず

腰紐や帯のおかげで、背筋が伸び骨盤がたつ

丹田がすわる姿勢に自然となる

妊娠中、産後と妻が着物を着ていたが、おなかがあったかい、ゴムがないからおなかが圧迫されず
楽チンと言っていた

我が家の寝巻きは浴衣 
娘も妻が縫った浴衣をうれしそうに着て毎晩爆睡している

そのほか、着物には日本のシンボルがたくさん描かれてる
麻の葉、七宝、亀甲文様など多岐にわたる・・・ 
身にまとう衣に記されるシンボルは、魔よけの意味や民族のあり方を象徴するものだそう

たとえば麻はすくすく大きく丈夫に育つことから、赤ちゃんの産着も、麻の葉模様が好まれる

日本に深く根付いてきたシンボル 民族衣装である着物とともに大切にしたいと思っています

DSC_0475.jpg
関連記事

オ・ポノポノ

我が家の家訓のひとつに オ・ポノポノがある

「ありがとう ごめんなさい 許してください 愛しています ありがとう」

これを口に出して言う

そうすると、いらいらした心がすーっと洗われていく

ハワイに伝わるおまじない
関連記事

自然栽培5年目

我が家の菜園

肥料は使わず、土の微生物やおひさま、雨、空気、草の根など自然の力を
活かさしてもらっています

小麦
DSC_0787.jpg


きぬさや
DSC_0793.jpg


大豆
DSC_0779.jpg



にんじん
DSC_0788.jpg


赤カブと白カブさんは春に黄色い菜の花で咲き乱れて畑を彩ってくれ
種取りをさせてもらいました

ハーブたちも 草たちの中で咲き誇ってきました
DSC_0780.jpg

DSC_0781.jpg

DSC_0783.jpg

DSC_0784.jpg

DSC_0782.jpg


今年は、アナスタアが説く方法で、娘と種まき
息子はこの種まきをした日の夜に産まれました
この方法で種まきをすると必ず芽を出してくれる気がします
自分の体の情報と宇宙の情報をまとった種 
自分で芽を出す時期を決め、私たちのための野菜として育ってくださります

ありがとう ありがとう ありがとう

DSC_0799.jpg

DSC_0797.jpg
関連記事

森のようちえん

友人たちとこんな場所をつくっています↓↓↓

森と暮らしのあそび場 おひさま

森のようちえん、自然栽培の畑、古民家再生・・・
目指すは 地球家族 
いろんな世代が集いつながり、学び、愛で満たされる場所
関連記事

子どもは神様

これから親になる方、子育てをしている方へ

∞こどもは大人よりすぐれている存在であること
∞宇宙の真理をねじまげないこと
 こどもは産まれたときからこの世のあり方を理解しています
 大人の勝手な固定観念や持論でこどもの感性を妨げないこと

これが子育てをするうえでの大前提

そのうえで
何かをお願いするときは真剣にお願いすれば、こどもはたすけてくれます
うちは、料理や畑や息子のおむつ交換やもりまで、娘に助けてもらいっぱなしです

自然とのかかわり方も大人は口をださないこと
本人の好きなようにさせておく  子どもはちゃんと考えて理解しています
「危ないとか汚いとか、虫が気持ち悪いとかこわいとか」
こういったことを子どもの前でいうと、せっかく自然界と交信する能力をもって
産まれてきているのに、それをできなくしてしまいます

畑をするときは、一緒に お手伝いしてもらう
その翌年は自分の畑を用意して好きなようにさせておく
やり方を教えるときは、お手伝いさせていただくように子どもが主導でやれるようにサポートする
枯らしてしまってもそれも勉強 実際にそのかれた姿をみせる

以上、我が家がお手本としている「アナスタシア」より。

うちの娘も、去年までは一緒に畑に行き、種をまくのや収穫などを手伝ってもらったりしていました
今年は、自分から「自分の畑がほしい」と言いました
それで、娘用のスペースを与えて、畝づくりからすべて自分のやりたいようにさせています
どこに何を植えるか、何をまくかも自分で決めています。
トマトや大豆、綿、マリーゴールドなど植わっていて素敵です
毎日顔を見に行くように声かけはしています  
一度トマトの苗が枯れそうになったとき、なぜ元気がなかったか、一緒に考えてもらいました
これまでの暮らしの経験が蓄積されて、ちゃんと娘が成長してくれているのがうれしいです

DSC_0785.jpg


参考:アナスタシア(響きわたるシベリア杉シリーズ) ウラジーミル・メグレ
関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人