スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨民家のお手入れお助け隊

週末 飛騨民家のお手入れお助け隊 で
たくさんの方にお越し頂き、バケツの水を何度も換えながら、梁や天井、柱、床の拭き掃除、エゴマの油での磨きまでやっていただきました。

今まで古民家が好きで何度も活動には参加させて頂いてましたが、掃除して頂く側になる日が来るとは思ってませんでした。
たくさんの人に興味を持って頂けること、お話できたこと、とてもうれしかったです。

IMG_0377_convert_20121111064957.jpg

寒い中、尽力頂いたみなさんに感謝です。

炭を十分に熾せず、囲炉裏を十分に暖められなかったのが心残りです...。
この家をどうやっていかしていくか、またその姿をお見せすることが最大の恩返しだと思っています。

IMG_0390_convert_20121111065128.jpg

みなさんも興味があれば活動参加してみてください。

飛騨民家のお手入れお助け隊




続きを読む

古民家ランチ

先日妻の友人親子が集い
古民家ランチを開催しました。

寒さが心配でしたが、快晴で、心地よい時間を過ごすことができました。

子どもたちは家中を走り周り、
囲炉裏を囲んでお鍋や、焼き芋、焼きもち、朴葉味噌をつつきました。

みんな楽しんでくれたようで一安心。
またこうやって集まりたいです。


この家もたくさんの人が訪ねてくれて喜んでると思います。
家が生き生きしてきたように感じるのは気のせいでしょうか?
DSC_0166_convert_20121019052001.jpg

これからあ寒くなってくるので、
この家をどうやっていかしていくか、考えどころです。



古民家体験宿泊

家族で古民家に泊まってみることにしました。
大満足の2日間だったので、少し紹介させてください。

P2012_1008_072839.jpg

1日目
昼〜
1.居場所となる居間と台所をお掃除

夕方
2.夜に備えて、囲炉裏の火起こし。


3.(すっかり夜になってしまい)囲炉裏で鍋を満喫
  火起こしや、炭の扱い方など、まだまだ勉強必要そうですが
  遠火でじっくり温めた食べ物は、とっても優しい温かさで心地よかったです。
  多少時間はかかるけど、囲炉裏で炭で料理や暖房って、
  すごく贅沢なのかもしれないです。

4.星空を眺めたあと、
  囲炉裏端でゆっくりおしゃべり
  冷蔵庫もないので、全くの静寂。ゆっくり時が流れるような気がしました。
  
2日目

1.昨日起した炭を、灰の中から取り出し、やかんを火にかける。
2.餅を焼いて朝食に、炭火でじっくり焼いた餅。うまい。
3.近所の畑に収穫
  今日の収穫は盛りだくさん。


4.昼食は、ピザとパンやコロッケを囲炉裏であぶってみる。
  これがまたうまかった。囲炉裏マジック!

5.そのあと 車で5分ほどの 「荒城温泉 恵比寿の湯」 へ
  木をふんだんに使った建物で、お肌ツルツルになるかけ流しの温泉
  家族連れも多く、のんびりできる雰囲気。二人で「また来たいね」って思える良いところでした。
  今日はほぼ全員地元の人でした。県外からのお客さんを想像していたのに意外でした。

家族で古民家と田舎暮らし満喫の2日間でした。
とてもゆったりとした時間の流れで、癒されました。
ぜひこんな体験してもらいたいと思っています。
興味ある方、ぜひお越し下さい。




屋根を直さないと

実は、古民家を譲り受けて再生を計画・実行中です。


今日は大工さんと相談しました。

雨漏りの屋根についてどうするか。
ガルバリウム鋼板というのが安くて良いと薦められましたが、
どうも色が金属色で風景に合わないので悩んでいます。

板葺き屋根は30年前ぐらいまではあったそうですが、
今は材料も手に入らなくなったそうです。
一度はあきらめかけてたのですが、
今日色んな人に見学に来てもらい、改めて人に見せても恥ずかしくない、風景に溶け込む、素敵な家にしたいと
思いを新たにしました。

やはり板葺き かな。


板葺き とは? (以下Wikipediaより抜粋)  

板葺に共通で、幅9~10センチメートル、長さ24~30センチメートルの板をずらしながら下から平行に重ねて並べ、竹釘で止める。木材を横に渡し、石で固定するだけの場合もある。
板の間に少しの隙間が生じ、これが軒裏の通気を促して木材の耐久性を向上させる。
杮葺きは通常40年程度の耐久性があるといわれている。 しかし近年は板製造作業の機械化により木の繊維がせん断されてしまい、手作業の板よりも耐用年数が劣る。 そのため、下地の防水処理や、材木自体の防腐処理を施している。

杮葺きは通常40年程度の耐久性がある!?

ほんと!?

それならやるしかないっしょ。
自分で板割るところから始めようかな・・・
できないとあきらめればできないけれど、できると思って挑戦すればできるはず。

2012_06250024.jpg
写真はイメージです。

家族で相談します。



フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。