FC2ブログ

飛騨の木で時計を作ろう 岐阜 三里公民館

岐阜市の三里公民館に飛騨の木を使った時計作りワークショップに
行ってきました。
主催のNPO 縁がわさんのおかげさまもあり、今回も満員御礼でした。
希望いただいたのに参加いただけなかったみなさん、ごめんなさい。

kako-p5gtrOVfkR9Uw98D.png  

会場である、三里公民館の周りにある。木の葉っぱを使ってお話

そして、用意した時計の板の木の種類について

ケヤキ、なら、スギ、ヒノキ、くぬぎ、くり、くるみ、カバ、キハダ、ホオ、(今回は特に種類が多かったです。)

木の特徴などを
鼻、目、手
などなど五感を使って、感じてもらいながらお話をさせてもらいました。



このワークショップは
簡単に
だれでも
うまく
美しく、
必要なものがすべて準備され
みんなと同じ
かっこいいものが
できること
を目的にはしていません。

自分で選び
失敗して
苦労して
工夫して
足りないものは想像し創造する
自由に
ノビノビと
楽しく
モノを作る。
完成する喜びを味わう

ということを大事にしたいと思ってやっています。

お父さんお母さんにも
「なるべく自分でやったと思えるように、見守って、
そして助けを求めた場合は助けてあげてほしい。」

子どもたちの自由な時間を確保するために
ご協力をお願いさせていただいています。


たくさんの木を並べたんですが、
当日の写真撮り損ねまして、、、
準備中の写真を、
DSC_0115.jpg 

写真はケヤキです。


 
子どもたち各々の感性で、木を選び、端材や、まつぼっくり、どんぐり 枝などの自然の素材でデザインし
手回しドリルやノコギリ、カンナなど道具を使い、作り上げました 。

一緒に夢中になって親子でわいわいと作っている姿もありました。
口を出さずに見守っておられた親御さんもおられました。
DSC_0119.jpg 

DSC_0124.jpg

DSC_0129.jpg


時計の機械をつけるため、一つの穴あけ
興味津々、四苦八苦
苦労した分、一つの穴があいた後にも
達成感や喜びがあると感じます。
自分が手を動かした結果、穴があいたという実感がそこにはあります。


夢中になって工作している姿は美しい。

DSC_0158.jpg


みんな無事に完成しました。
失敗もしてほしいとは言っていますが、
正直、ホッとします。
やっぱり喜んで帰ってもらいたいですから。

tokei_R.jpg
DSC_0198_R.jpg

DSC_0145_R.jpg
DSC_0191.jpg

DSC_0138_R.jpg


いつも思うですが、
大人たちの想像以上のものを子どもたちは作ります。
限界がない、
「なるほど、そう使ったか」
「そういうアイディアはなかったな」
と勉強させてもらってます。
 

アンケートで
頂いたうれしい声もご紹介させてください。
 DSC_0222_R.jpg DSC_0224_R.jpg DSC_0219_R.jpg DSC_0218_R.jpg DSC_0216_R.jpg

DSC_0221_R.jpg

子どもたちの夢中な姿
笑顔
そして、頂いたメッセージ
うれしいです。力をいただきます。
おかげさまでもう少しがんばれそうです。

今後もワクワクする手仕事の体験
身近にある自然の森や木のこと

を伝えていきたいです。

貴重な機会をいただきありがとうございました。

心と身体がよろこぶ家具作り
家具工房やどりぎ
天野 拓
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。