FC2ブログ

7月29日 飛騨の木ではしづくり(岐阜市)開催しました。

子どもたちだけで、40名!

お父さんお母さんたちもいっぱい来てくださいました。

すごい熱気と元気!!(^^♪

夢中になっているたくさんの顔と出会えて


子どもが夢中な様子を見て親御さんたちもうれしそうで、


そして完成したお箸と、とっても満足気な顔。

今回もたくさんの元気を頂きました。

ありがとうございます!




カンナでお箸を削ります。

削った跡を指で触ると

ツルツル~♪!!

DSC_0530.jpg





最後にクルミを割って

クルミの油をお箸に塗っていきました。


2018729はしづくり_180731_0006


みんな真剣に説明を聞いてくれています。

2018729はしづくり_180731_0007a



自分で使う道具を
自分で作ることを通じて
自分の生活を 自分で創っていってほしい

木という素材を通じて
自分以外のイノチとの接点、つながりを

感じてほしい

そんな思いで

なるべく自由に、自分の手を使って、
じっくり時間をかけて
お箸をつくるワークショップを
やらせてもらっています。

本物に触れて、自由に自分の体を動かして、

五感を使って、夢中になる時間。

子どもたちの顔はイキイキしていて、

帰るときも笑顔

今日は、どんな顔してご飯食べてるんだろ~。


みんなの手で作ったお箸たち

名前入りです!


DSC_0535.jpg



夢中になってお箸を作ってくれた子どもたち

優しく見守ってくれたお父さん、お母さんたち

お手伝いしてくれたスタッフのみなさん

ありがとうございました!

 DSC_0552_R.jpg



P.S

一人にひとつ、クルミを渡して、
割って油をお箸に塗ってもらったんですが、


ある子は
「これ植えたらクルミの木が生えてくるかな」と



「生えてくるだろうね」


じゃ、持って帰って植えてみる」




また生えてきたら、ぜひ教えてちょうだいね!


そうだよね。種だからね、芽が出るよね。


割って油を塗ることばかり考えていると、

ふと忘れてしまう視点。


大事なことに気づかせてもらったように思います。
ありがとう。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。