FC2ブログ

美濃の手仕事


早速ですが、これはなんでしょう?
maguwa2


こうやって使います。
maguwa
こうやって和紙の水を混ぜるのに使うそうです。

縁あって、美濃で和紙作りを行っている職人さんを尋ねました。
現場で職人さんの仕事を見せていただきました。


落水紙という
型と落ちる水を利用して和紙に柄をつけることをされているそうです。

maguwa rakusui
これが型です。
色んなデザインがあるようです。

冒頭の道具を
マグワというそうです。

漢字で書くと馬鍬でしょう。
馬が畑を耕すときにひくあの馬鍬と形が似ているからでしょうか。

DSC_0532.jpg 

長年使われてきて傷んできていました。
DSC_0534.jpg

じっくり見るととてもよく考えて作られています。

痛みが激しくぜひ新調したいとのことで、
今回、新しくこの“まぐわ”を製作させていただきました!

はい。

もちろん、初めてのお仕事です。

まぐわ

現物があるので作れました。
この長年の使用に耐えた、
先人の知恵を参考にさせていただきながら、

maguwa
材料は水に強く、適度な重さと強度を備えたヒノキ

 maguwa

maguwa
納品時には、この両側の腕にピタッと寸法が合うかどうか、
余裕の取り方(あんまりぐらつきがあってもよろしくない)は
大丈夫か、など、実はドキドキしておりましたが、
無事にピタッと収まり、動きもなめらか。

「現状のものよりもう少し軽くしてほしい」
とのご要望に応えて、部材のサイズを絞り、持つ部分も
つかみやすいサイズにしてみました。

以前は機械で行っていたこの
水を“たてる”作業ですが、
この機会に、手で行うとのことでした。

お茶をたてるのと同じように、とても大切な作業。
手で行うと心地よい音がするそうです。

職人さんの道具を作らせていただくということで、
自分で使い勝手をイメージしながら材料の太さなど
確かめながら作らせてもらいました。

自分は、
手でやると気持ちもこもるし、作り手の心も整うと
感じながら仕事をしています。

「これを機に手で行う仕事に切り替える。」

なんて、仕事のご縁を頂いたことをうれしく思います。

maguwa


美濃の和紙職人 千田さんの工房はこちらです。↓

〒501-3788 岐阜県美濃市蕨生725-1
(和紙の里会館の近くです。)



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。