スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飛騨の木ではしを作ろう 岐阜」 岐阜まで

「飛騨の木ではしを作ろう 岐阜」


ということで、先日金曜日から岐阜まで行ってきました。
飛騨から岐阜は同じ岐阜県ですが、2時間以上かかります、、、


飛騨、高山、いずれも好評いただき、晴れて岐阜進出となったわけです。
主催のNPO法人 縁がわさん 呼んでいただきありがとうございます。

会場はOKBふれあい会館

ふれあい会館というから、公民館的なもの

131125161809_0.jpg
(写真はネットよりお借り)

を想像していたのですが、

行ってみてびっくり

ドーン!


300px-Gifu_Fureai_Plaza02.jpg

何フロアもあり吹き抜けもある巨大な建物でした。

この中の一室で

「飛騨の木ではしをつくろう」

やらせていただきました。
当日の案内です。
ひだの木ではしを作ろう 岐阜 


こんな感じでお話から
4.jpg 

ちょっと緊張気味か子どもたち、、
いや、自分が緊張していたのか、

まずはこの日使う「木」のことを身近に感じてもらいたい
と思いながら、立木のお話や葉っぱのお話
木の年齢と年輪のお話を。


どこまで伝わってるかな~。
しっかり聞いてくれているのですが、
もっともっと子どもたちの気持ちになって
わくわくする魅力を伝えられればと思います。


こちらは

2.jpg 

木を選んでいます。
今回用意した飛騨の木は

「ひのき、ナツメ、ほお、くり、けやき、さくら」


の6種類、
木のにおい、色、手触り、重さなど感じてみてもらいたいです。

子どもたちの選ぶ理由は様々です。
色の濃いものを選ぶ傾向があるように思います。

さて子どもたちはこの中からどれを選んだでしょう?
正解は最後の写真で。

こんな流れで進めていきます。
6.jpg 


削っていきます。
21462547_550956605235494_5597099895889775182_n.jpg 

始まるや否や、すぐさま、
親御さんから手取り足取りの指導があったりするのですが、
それだと、そのままいろいろと指導したくなるのが
大人というもので、、、

「できるようになるまでが楽しい」
「かんな使ったことありますか?
 すぐに大人たちより上手に削るようになります」
と言ってみたりして、少し様子を見守っていただけるように伝えます。

もち方も最初にちゃんと教えますが、
どう持ったっていい、とも思います。
けがをする持ち方でない場合は、そのまま様子を見ます。

どうしても削れず困っている場合は、
もちろん手助けはしますが。

教えられるばっかりではなく、自分でやってみる、周りのうまくやっている人を見る
など自分で考える、工夫する体験もしてもらいたいと思っています。

3.jpg


21462692_550956671902154_2102049788690424277_n.jpg

まず初めに、自分で削った木の肌を指で触ってもらいます。
この時が一番びっくりしているかな?
鉋で削る醍醐味ですね。ほんとツルツルになります。
お父さんお母さんもびっくりされます。

夢中になっているので少し気が引けますが、
慣れないことをかなり集中してやってきているので、
途中休憩を挟みます。

やめたくないという様子の子もいます。

お茶を飲んですぐに戻ってきて始める子もいます。
うれしいですよね。
楽しいです。ほんとにぼくにとっても、楽しい時間です。


夢中で削ってだいぶ細くなっちゃう子もいますが、、
長めの材料を削っているので大丈夫。

削り終わったら、

自分の手に合う長さを自分で測り
自分で切ってみて、そして自分の感覚で
自分で作ったおはしという道具が自分に合っているか確かめる。


急ぎません、急がせません。
大切な工程であり、時間だと思います。

うまくやる必要もありません。
楽しく作ってもらいたいとだけ思っています。

およそ2時間かけてみんなの
自分だけのおはしができあがります。



冒頭に紹介した木の名前ですが、
どれがどれかわかりますか?

午前の部
ひだの木ではしを作ろう 岐阜 はし 


午後の部
21462863_550987898565698_2850775438355328922_n.jpg 

ふ~、

お疲れさまでした。

子どもたち、うちでどんな顔して使っているのだろう?
気になるな~。
想像するとまた喜びが膨らんじゃいますね。

自分で選んで いっぱい削って
自分で作ったおはしでご飯を食べる幸せ

楽しい時間をありがとうございました。



キャンセル待ちや定員オーバーで受け付けできなかったみなさん
すみませんでした。

また岐阜に行かしていただきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらでもたくさんの写真が見れます↓
よければクリックして「いいね」を押してあげてください。
縁がわさんのフェイスブックページ


心と身体がよろこぶ家具作り
家具工房やどりぎ
天野 拓
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。