FC2ブログ

イス、ロッキングチェアーの修理

先日、「イスがぐらつく」

と、ご相談をいただきました。

後ろ脚と座面を支える部材(幕板)の接合部分がぐらぐらしていました。

一番負担がかかるところですし、
時間がたつと木が縮んだ分、ほぞがゆるくなります。

一度解体し、ほぞを少し厚くして、組み直します。

DSC_0440.jpg


こちらは、珍しい折りたたみのロッキングチェアー。
ロッキングチェアーは、場所を取りがちなので、これは良い。
DSC_0443.jpg


座ると重心が前に来て、倒れてしまうとのことで、
ソリの部分に部材を足して、改良しました。

DSC_0448.jpg

「これでゆっくり座れる。
30年前の愛着のあるチェアーが蘇った。」と喜んで頂きました。


修理の仕事は手間はかかりますが、
・他にはないもの、大切なものが また使えるようになる。
・材料も過去の仕事も大切にできる。
・同じ仕事はないので、毎回新鮮。

いいことづくめです。

新品を買ったほうが安い!
というのはイヤなので、なるべく勉強させてもらっています。
(自分の勉強にもなるので)

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。