修理の仕事

最近、修理の仕事をいくつかやらせて頂いている。

楽しくて、時間を忘れてしまう。

昔の職人の個性があったり、加工のあとが見れるのは、勉強になる。
壊れている箇所は外から見えない仕事がわかる。

親方がいつも「修理の仕事は勉強になる」と言う意味がよくわかった。

手の技術と経験が生きる仕事だ。
実際、機械を使える場面も少ない。
だから、よそだと割高、うちはいつもどおり(安い?、高い?)、という可能性もありそうだ。

経験については、親方に質問させてもらいカバーしている。
色んな方法があるもんだと感心させられる。

一度やれば要領がつかめてくる。
それでも修理は毎回異なる。

だから面白い。

古い家具の良さを活かした修理をしたいと思っている。

そのために、古い家具の良さを見極める目が不可欠。
親方の目はそのへんがすごいといつも感心させられる。古い家具を一緒に見ても目のつけどころが全然違う!

古い家具自体も好きなんやけど、大事にしていた家具をまた直して使う、そんな精神的に豊かな感覚。代々受け継がれるものや心。
そのお手伝いができるなら、こんなに楽しいことはない。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人