スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天井張り と 土壁塗り

天井にスギ板を貼っていく。

長さを切って(少し長過ぎて入らない)
天井にあてて、釘で打っていく。(押さえておくのが難しい。隠し釘というのを打つのだが、これがまた難しいので、外から見える形で釘を打つやり方に変更!)
サネの凹凸をあわせて差し込んでいくのだが、曲がったり、厚みが厚いところがあったりでなかなかうまくいかない。 事前に差し込んでみてあわないところはかんなで削ることでようやくスムーズに作業が進むようになった。

約4時間で1坪くらい、、
仕事遅すぎです。
容量つかんだので、あと1日あれば天井は終わり、壁に向かえそうだ。

今日の反省:土台は作業しやすいように、脚立2台+踏み板 にした方が良い。
      3人体制が望ましい。
      長さを切る作業、板を渡す作業に1人、残り2人で板を支えながら、サネをはめて釘を打つ。
      板は1センチほど短めで良い。端は壁の板が来るので隠れる。

現状はこんな感じです。↓
P2013_0415_173422.jpg

見違えるように良くなっていく!やりがいあって、楽しい。


合間に、土と畳のワラをまぜて土を作ってみた。
なんだかいい感じだったので、試しに塗ってみる。
柱と壁の間に隙間があるので、これをうめていきたい。

土は購入も考えているけど、庭に良い泥があったので実験中。
思えば、昔は近くにある素材で家を造ったはず。土と木。
ものは試し、水の具合、発酵具合など調整しながらやっていこうと思う。

いい感じ♪

と思ったけど、もっと粘り気があるのがいいみたい。

次回は、土と砂利や石をフルイで分けてから、5センチくらいに切ったワラをもっとたくさん
混ぜてみようと思う。

P2013_0415_154140.jpg

はじめからうまくいかない。
でも、やればやるほど、うまくなっていく。
自分でやると、お金もあまりかからない上に
自分自身に経験と智恵が蓄積されていく。
自分でやってみるって本当に面白い。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。