先達

近所の家具屋さんを訪ねてきました。

前々から気になってはいたのですが、なかなか機会がなく。

ようやく訪れることができたところです。



高校生の時分から10年間、いくつかの会社での修行を積まれてから独立した
60歳を過ぎた職人さんのお話は心に刺さることばかりでした。

・3年は継続すれば会社のことが見えてくる。

・完璧になってから独立することなんてできない。作りながら勉強するんや。

・機械も安く、工房だって探せばある。乾いた木材も手に入るし、独立するなら今がチャンス。

4月から勤める工房のことで色々考えていた時期だったので、すごく考えさせられました。

自分は、地元高山の人に愛される家具屋を目指していますが、まさにこの方はそれをやっておられました。
桐ダンスの修理や高山箪笥の修理、建具の調整や天井の修理までやってのける、
まさに町の家具屋さん。

「一生懸命やっていれば、仕事はまわってくる。」

そんな言葉とともに、希望を頂きました。


吹上御苑の三面鏡を作ったこともあるという方です。
飛騨には、そんな腕のある職人さんがいるんです。
でも、跡継ぎはいないとのこと。

3年工房で働くか
1年で独立し、こういった先輩方のアドバイスをもらいながら勉強させてもらうか。

じっくり考えます。

でも、「つらいから逃げる」ってことはしたくないと思っています。
つらい時は人が成長する時だと思うので。

「1年必死にやって、1年後前向きに独立」
それが今の目標です。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人