里山は宝の山

satoyama.jpg
里山を宝の山に
というセミナーに参加してきました。


■感想
・60歳以上と思われる方の参加が多かった
・高校生の発表に思わず目頭が熱くなる。若い人の情熱と可能性が、世の中をよくしていく予感がした。
そして、自分も年長者からは同じような目で見られているかも?ということに気づいた。
智恵と技術は年長者から学び、自分は行動力、情熱、可能性を武器に進んでいこうと思う。
・「地元学」という言葉を初めて知った。地域づくりの手法・ないもの探しより、あるもの探し・地元の魅力、資源を再発見。下記の手法とともに、活かせる考え方だと思った。
・「地元の魅力を再発見する手法」
 歩く・見る・聞く・調べる
  写真を撮る・地図を作る・文字に記録する
   テーマ別に分ける
    他地域などの他の事例を調べる
     地元の条件に適合させる
      発表する
       実行する


■これからの行動
・森守クラブ、山と森のお援け隊 の薪作り体験や、間伐材の収集・運搬作業に関わってみる。
・高山高校の「いのちの森」を訪れ、高校生と話をしてみる。
 →総合交流センター構想と高校生の取り組みのマッチングを検討する。
・地域の木材を使って家具を作る。森の担い手の顔が、使い手に見える家具作りをしていく。
・「地元の魅力を再発見する手法」を使って、高山の魅力を考えてみる。
 
飛騨高山高校環境科学科

昨日もま、いい刺激をもらいました。
高校生には負けません。体力・気力・行動力!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人