FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生がときめく片づけの魔法

この本すごいです。
・理想の生活を描く
・捨てる
・ものを定位置におく

捨てる基準はそのものに愛着があるかないか。

手始めに本の整理を始めたら、捨てられました。
でもそれ以上に、愛着のあるものに囲まれている幸せを感じられたことが大きい。
母から借りて通読しただけですが、
この本は間違いなく良いです。Amazonのレビューの数もすごい。

ノウハウ本は色々ありますが、
行動を変えようとするのではなく、
考え方を見直してみる、
そうすることで行動なんて簡単に変わります。

「愛着が持てるかどうか」
素敵な基準だと思いませんか?
愛着を持ってもらえる家具作りをします!


人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
(2010/12/27)
近藤 麻理恵

商品詳細を見る



この本を読んで
ふと思ったこと

本当に必要ではないものが世の中には増えた。そして自分の家の中にも。
そういうものを捨て去るだけで、すごく幸せになれるんじゃないだろうか。
食うものに困らないという前提で、
ものを持たなければ持たないほど幸せになるのではないか、そんな仮説を立ててみた
都会での生活を捨てただけで、
得たものが多すぎてそう思うのだろうか。
でも何かを失うことは、何かを手にするチャンスなのだと思う。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。