飛騨高山 町家座談会

行ってきました。宗猷寺さん本堂で行われた座談会。

宗猷寺
立派なお寺です。本堂でパワーをもらいました。

 観光庁長官 溝畑 宏 氏のお話に、感動しました。
 行政の人なんて、と思っていましたが、情熱的で行動力がある方で、素敵な方でした。勉強させてもらいました。
・市長をはじめ、高山のことを考えている、愛している人が70人以上集まり、エネルギーあふれる空間でした。
・フランスの方が「新しい建物いらない、駐車場もいらない。町屋に住みたいが、借りることができない」
・とおっしゃっており、驚くとともに感動しました。
 生まれは違えど、同じような価値観を持っている方に出会えて、とてもうれしかったです。

自分も話す機会を頂きました。

1.古い民家を守ろう。失ったら二度と取り返せない。
2.新しいアパートやマンションはいらない。新しく建てる家は、飛騨の大工が作る、100年後の人が
住みたいと思えるような、伝統工法の家を建てて、文化と、職人の技を守っていくべき。
と、日頃感じている問題意識を意見として申し上げました。
溝畑氏から、「おっしゃる通り。ぜひその思いで、これからも活動していってほしい」とのお言葉を頂きました。

自分の発言で何が変わるかはわからないけれど、
なんとか、この思いを実現しようという決心がさらに強まりました。

他に、こんな方がいらっしゃいました。

・町屋に移住を希望されている方(ほんの200m先のご近所さんでした!)
・飛騨経済新聞を創刊された方
・飛騨でインバウンドツーリズムや古民家の調査・活用をやられている方
・高山祭りのi-phoneのアプリを作られている方
・ゲストハウス運営しながら、観光客により良い飛騨を知ってもらおうとしている方、
・飛騨の里でガイドボランティアをやられている方、
・国際芸術祭を実現しようとされている方、
・旅館を経営されている方、
 他、高山をより良くしていきたいと思われている方々
 たくさんの方の発言には感銘を受けました。
会の終了後、ご挨拶もさせていただき、またこれからどのようなことがつながっていくか
とても楽しみです。

非常に熱く、刺激的で希望あふれる座談会でした。
主催者および出席者のみなさんに感謝します!

当初予定を1時間以上オーバーし終演。
これから高山はもっともっと面白くなる、もっと良くしていける。
そんな思いで、帰宅。


今日も良い一日でした。
出会いに感謝!!!







概要は下記参照

主催 飛騨高山 町家再生・住替え支援センター


<開催概要>
 町家再生を核とする住み替え支援を行っているなかで、町家への居住を考えている国内外からの方からのご相談が増えてきましたが、我々住民の受け入れに対する意識や、ソフトの取り組みが追いついていないのも実情です。
 しかし、こうした国内外の飛騨高山ファンがまちを活性化するきっかけであるのも事実ですし、我々住民も意識を高める事により、相互理解も増し、お互いにとってより良い地域活性化につながるものと考えます。
 今回は溝畑宏観光庁長官、国島高山市長をお呼びし、膝をつき合わせた『町家座談会』を開催いたします。熱い思いの皆様の積極的な参加をお待ちしてます。

【テーマ】国内外の飛騨高山ファンがまちを活性化する!!
【ゲスト】観光庁長官 溝畑 宏 氏
     高山市長  国島 芳明 氏
【内 容】1.観光庁長官からみた観光という切り口での
       ファン獲得の秘訣や、市長との対談
     2.参加者全員による座談会
【ナビゲーター】ヒッツFM 井谷麻希さん
【主 催】NPO法人飛騨高山町家再生住替え支援センター

当日は飛騨高山の町家を活用した取り組みを望む外国人や、海外のプロモートを生業とされる地元の方、国際映画祭の開催を目指す方をはじめ、国内外の飛騨高山ファンを獲得したい方からの参加を戴きます。この機会を通じ、さらなるまちづくりの一助につながるものと考えます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人