椅子と日本人の身体

椅子作りに携わる者には必ず読んで欲しい一冊。

学生時代の新体操の経験から
身体研究を始め
仏像に理想の座姿勢を見いだし
身体感覚という観点から、坐の文化、椅子を見つめ
実際に椅子作りも行った著者

人間工学への異論
身体感覚の追求
について、自分が考えていたことをまさに文章にしてもらえたようで心地よい。

これをきっかけに改めて自分の身体を見つめ直すとともに、
今後の椅子作りに必ず活かせる感覚を得た。

からだのメソッドのほうは
学生にも授業を通じて色んな発見、気づきを与えたという点、大きな意味がある書だと思う。
ただし、著者の歩行に関する記述については、自分の身体感覚とは大きなずれがある。
体操出身なので、あまり歩行とは縁がないのではないかと僭越ながら邪推する。





椅子と日本人のからだ (ちくま文庫)椅子と日本人のからだ (ちくま文庫)
(2011/02/08)
矢田部 英正

商品詳細を見る

からだのメソッド-立居振舞いの技術からだのメソッド-立居振舞いの技術
(2009/05/12)
矢田部英正

商品詳細を見る

日本人の坐り方 (集英社新書)日本人の坐り方 (集英社新書)
(2011/02/17)
矢田部 英正

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人