尺貫法

日本には尺貫法という度量衡の単位があり、今も一部の職種では利用されている。

以前、アンティークの家具の仕事をされている方が
「cmではなくインチで仕事をすると、やりやすくなった」というのを本で読んだ。
それ以来
「尺(30.3cm)や寸(3.03cm)で寸法を決めたほうが仕事がやりやすいのでは?」という、仮説を暖めつづけてきた。

先日お世話になった職人さんは、板の厚みや、隙間、ほぞの幅などはすべて、寸でお話されていた。
初めて、生きた尺や寸に出会った。少し慣れてきた。
尺の目盛りがついているメジャーを購入し、使ってみることにする。


実はこの1寸(=約3ミリ)という単位、
木工をやっていれば知らずに使っている。

ノミの幅は、3ミリ、6ミリ、9ミリ、12ミリ、15ミリ、、、
板の厚さも1.2ミリ、1.8ミリ、2.1ミリ、2.4ミリ、、、

畳は90センチ×120センチ
標準的な床のタイルは30×30センチ

メートル法は地球の円周の4万分の1
尺貫法は、古来中国から伝わったものだが、おそらく日常生活や身体寸法が基準になっていると思う。

この尺貫法は残していくべき文化だと思う。
今も残っているこの文化、永六輔氏が守ったものかもしれないという記載があったので紹介しておく。

尺貫法復権運動

文化は誰かが受け継ぎ、残していかなければ、ならないものだ。

尺貫法とは?(以下、Wikipediaより引用)

尺貫法(しゃっかんほう)は、長さ・面積などの単位系の一つ。東アジアで広く使用されている。尺貫法という名称は、長さの単位に尺、質量の単位に貫を基本の単位とすることによる。
(中略)
なお、現在日本では、計量法によると、取引や証明で尺貫法を用いることは禁止されており、違反者は50万円以下の罰金に処せられるが、実際には伝統的な業種では黙認されている。

(引用以上)



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人