木曽漆器館@平沢の町



国の重要伝統的建造物群保存地区である、奈良井宿という宿場町に向かう途中で木曽漆器の町、平沢に立ち寄った。
木曽漆器館では昔使われていた漆工芸の道具や作品が展示されている。
98年の長野オリンピックのメダルに漆塗りを施したのは、ここ平沢の職人らしい。
若い職人が提案したそうで自分もものづくりに携わるものとして刺激を受けた。
職人さんの製作風景のビデオも見せてもらいお勉強。
夜間に開講される漆の学校があり、上松の技術専門学校の生徒でこちらにも通う人もいるそうな。

漆使いたい。

他に、道の駅でも木の各種製品や地元の漆塗りの作品が豊富に展示されていて、楽しんだし、勉強もさせてもらった。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

連絡ありがとう

あれ?コメントしたのに入力されてない。失敗しました。
遅まきながらコメントです。
まさか長野の奈良井だったとは。お蕎麦やさんじゃなかったっけ?
松本は今日までやったけど、奈良井はもう一度家族を連れて行きます。

読書(よみかき)っていうところに木こりの道具が展示されているとこがあると聞いたのでそっちにも寄ろうかと。

久しぶり!

元気かな。PB45のあややだよ。

私はいま奈良井に住んでるよ。実家。
古い民家で店を手伝っているのでぜひ遊びに来てね♪


携帯からでちゃんとコメントできるか心配f(^^;
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人