ひだ国分寺八日市

縁あって次回出展させていただくことになりました。

ひだ国分寺八日市 とは?

飛騨国分寺境内で行われる昔ながらの青空市です。
地元の人が色んなお店を出されています。

出展者、来場者の年齢層も広く
ゆったりとした雰囲気が、
とても高山らしくて、好きです。

高山のヒノキを使ったまな板、他、何点か鉋で仕上げた
手づくり品を出品させて頂く予定です。
※木製まな板の削り直しも承ります。

第52回ひだ国分寺八日市
■平成26年10月8日(水曜日)
■7:30-15:00
■飛騨国分寺境内にて<雨天の場合・野菜とパンのみの販売>
■お近くのコインパーキングへお願いいたします。

*当日の11時と13時からは、「コールグレイス」さんによる
 二胡と歌のコンサートもあるみたいです。(入場無料)


ひだ国分寺八日市
関連記事

マルシンチャレンジフェア


今日縁があった道具。
左から
鉋「陸奥守」、「千代」、出刃包丁「康明作」、鉋「天下龍?」ちびていて、台が自作、朴?
面取り鉋、黒檀当て木
使うぞ~。
よく切れそうな予感♪
関連記事

森の手づくりマーケット 出展終了

先週の土日
2014 飛騨の家具®フェスティバルの
森の手づくりマーケットに出展しておりました。
ご来場、お買い上げ頂きありがとうございました。

これからも、、お手頃で良いものを届けられるよう
作り続けていきたいと思います。

今回は、おすすめのちゃぶ台に興味を持ってくださり
高さについてのこだわりなどもお話をさせていただきました。
くつべら削りの実演をしながら、鉋で仕上げた木肌を触って頂いたり
道具の説明もさせてもらいました。
くつべらの修理や、座卓の表面削り直しなどの
ご相談も頂きました
(相談お見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。)

ブログを見て、と言って、お越し頂いた方もいらっしゃいました。
うれしい限りです。

少しずつではありますが、想いを持って作ったものが、
それを共感してくださる方の手に渡っていくこと、実感しています。

次回は10月25日(土)、26日(日) 清見のウッドフォーラム飛騨にて
「清見 秋のクラフト展」に出展予定です。(ひだ清見紅葉まつりも同時開催。)
またよろしくお願いします。



最後に改めて、ちゃぶ台についておすすめのご紹介
DSC_0796.jpg

ーーーーーーーーー
これくらいの高さが普通なの?

A.一般的にはもう少し高く33センチや38センチのものがありますが、私は27〜28センチ(9寸前後)のものをお勧めしています。

この高さをお勧めする理由は?
・肩を上げずに茶碗を手に取り易く、とても心地よく使える。
・料理が美しく見える。コンロを置いて鍋をしても、中身がよく見える。
・小さいお子さんも同じ高さで食事ができる。
・囲む人の距離感が近くなる。
・落ち着く。

特に円形がおすすめです。
我が家では直径90センチのものを使っていますが、
3人家族ですが、娘をはさんで三人並ぶとお互いの顔がよく見えます。
うちに友人一家(3〜4人)が遊びに来ても座れます。

「昔はうちも、こんなちゃぶ台を使っていたわ。」
というお話もよく聞きます。
どうですか?もう一度使ってみられては。

ーーーーーーーーーーー

今回折り畳めるものの展示がなくて失礼しました。
次回は、折りたたみできるものも出展させていただくつもりです。






関連記事

アオダモのコートスタンドをお客様のもとへ

先日、都内にコートスタンドを納品させて頂きました。

お世話になっている先輩にプレゼントされるということで、お客様とこだわりながら、
一緒に製作させて頂きました。

野球のバットの素材として使われるアオダモを使いました。
しなりがあり、とても削り心地の良い木です。
白さと木目の美しさを活かすため、鉋で仕上げたあと、イボタロウというロウをひいて仕上げています。

DSC_1730.jpg

お客様のイニシャルを入れてあります。

DSC_1727.jpg

ハンガーと靴べらもお揃いで作りました。
握って頂くとバットみたいです笑
DSC_1744.jpg


お客様と。
DSC_1742.jpg


オフィスに素敵に飾って頂きました。
DSC_175x.jpg

執務ブースに白いコートスタンドが映えていて、ショーウィンドウのようです!


DSC_1722.jpg
コートスタンド

木目にそった自然なカーブと、バット型のフックにこだわりました。
コートとプレゼントのユニフォームをかけてもきれいに見えるようにデザインしました。

喜んで頂けたようで、同僚の方にも見て頂き、大変うれしい納品でした。
ありがとうございました。

関連記事

飛騨高山 森の手づくりマーケット

2014 飛騨の家具®フェスティバルの
森の手づくりマーケット
に出展します。

2014年9月13(土)~9月14日(日)
開館時間:AM9:30~PM5:00 最終日は4:00まで
開催場所

飛騨・世界生活文化センター
岐阜県高山市千島町900-1


イスの展示、スツール、くつべら、まな板など出品します。
ぜひ、お立ち寄りください。


関連記事

映画 もう一度

今日は偶然、舞台挨拶の日でした。
監督と、撮影監督が来られていて、ご挨拶ができました。

ミュージックビデオ界の巨匠はとってもきさくな方でした。
撮影監督も高山在住で、これからもご縁がありそうな予感。

この映画と、お二人に出会えたご縁に感謝。

小学校からの友人が映画の製作に関わり、
また別の友人から縁あってチケットをもらい、
高山の唯一の映画館が閉まるこのタイミングで
「もういちど」
不思議なご縁を感じずにはいられない映画となりました。

映画を見ながら考えていたこと。

ちなみに、映画の予告編はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=TYV3xP55Z6U


師匠と弟子の関係
弟子に伝えることで師匠が生きる、生きがいを感じる
そして、
文化や思いが
人を通じて伝わっていく

素敵やなと思う。

こん平さんの弟子がたい平さんだと(こん平さんが倒れたことも)、
たまたまお店のTVで知りました。
こん平さんも喜んでいるだろうな。
弟子の活躍は師匠の手柄、喜び。

自分が、親方と出会ってからずっと感じていたこと。

人に自分がしてきたことを伝えていけるような、仕事や生き方
って幸せやな~と。
そして先達から受け継いだことも、次の世代に伝えていきたい。

大学3回生のときに、3ヶ月お休みを頂き、わがままやらせてもらったり。
仕事をやめて、木工の道に進んだり、
弟子入りしたり

なんだか自分の人生と重なることが多い映画でした。

いい映画だったので思わず、
映画のことを親方に伝えた。

すると、

その電話で、親方から
「今度中学生に家具作りを教える機会ができたよ」と
うれしい知らせ。

ぜひお手伝いにいきます。

---以下板屋監督メッセージより引用---

一生懸命築き上げてきたものを一瞬で奪いさる自然災害、人の心の奥底に潜むイジメや無関心・・・。
それはおそらく江戸時代にもあったでしょう。そして我々の世代でも同じです。
でも人々は、いつの時代もそれに立ち向かって来ました。
家族や、仲間や、社会が支え合って、何度でも「もういちど」と頑張ってきました。
この映画は、江戸の大火で全てを失って心が折れた男と、奉公先でのイジメで心を閉ざした少年との出逢いと再出発の物語です。
子供達に伝えたいと思っている大切なことを映画にしました。
もういちど「なんどでも」、なんどでも「もういちど」。

たとえ失敗しても夢をあきらめない
もういちど「なんどでも」、なんどでも「もういちど」。

人と人のつながり
家族とか 友達とか そういうものを
無関心ではなく、相手に興味を持って、
相手を思いやる心、そういうものを持ってほしいな
という希望を込めて

公式HP
http://moichido.jp/index.html



関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人