尺目のサシガネ


親方からもらった尺寸のサシガネ
大工は使ってる人も多いが、家具で使う人はどれくらいいるんだろうか。
物差しや基準って大切。

メートルしかしらないいうのは日本人(で木に関わる人)としては、不十分だと思う。

伝統的なものも使えることは大切だと思う。
その上で自分がどの基準を使うかは自分で決めるものだ。

自分の物差しは自分で作るというのが職人。





やはり、伝統的なものには、先人の知恵や合理性、利点がある。
一方、新しいモノは、誰かの私意や利害、経済のために存在している。

なぜパンツをはき、靴をはいて洋服やスーツを着て、パンを食べているのか。

ふんどし、ゲタ、着物、食べ物、、、
なんでもそう。
知らない人が多すぎる。
団塊の世代からかな。

だからちゃんと自分で知り、試してみて、自分で選ばないといけない。

永六輔さんが尺貫法を守ったというのは有名な話。

色んなものが失われていくが、大切なものは自分で守っていかなあかんのやと、つくづく思う。


関連記事

今日の修繕


家の修繕
鴨居が下がって、雨戸がかたかったので、
柱(つっかえ棒)を入れて、スムーズに雨戸が動くようになりました。

古道具で買ったこのミニジャッキ、なかなか使えます♪


関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人