スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のこぎりがやってきた


オークションで手に入れたのこぎり一式。

いいやつありそうな予感。
関連記事
スポンサーサイト

修理の仕事 ちゃぶ台

天板が外れてしまい,脚も緩んでしまった ちゃぶ台。
お母様が大事に使っていたものなので、ぜひ、この雰囲気のまま使えるようにしてもらいたい
とご依頼頂きました。

ビフォー
L04B0763.jpg


天板のハギ面を取り直しているところ。
L04B0767.jpg


アフター
天板も脚も安定して、使えるようになっています。
L04B0025.jpg

元の良さを壊さないよう直す。
気を遣いますが、とてもやりがいを感じます。
ありがとうございました。
また一つ勉強させていただきました。
関連記事

修理の仕事

たくさん修理をやらせてもらいました。

まずは座卓
トチの一枚板を使った大きな座卓です。長い方が4尺(約1.2m)もありました。
国宝級!? こんなのは初めて見ました。

脚が写真の箇所ともう一カ所計2ヶ所外れてしまっています。
IMGP2771.jpg

でも部材が残っていたので、接着し、元通りにすることができました。
IMGP2794.jpg

こんな立派なもの直させてもらい、ちょっとびびりつつ、感動も味わせてもらいました。
中の細工も、普通と違う、凝った作りになっていました。
壊れないとわからない、昔の職人の仕事を見させて頂き、幸運です。



続いて文机。反り止めが壊れて脚が外れてしまっていました。
IMGP2837.jpg

さらに天板は、脚を無理に叩いて大きく欠けてしまっていました。

IMGP2841.jpg


反り止めのきつさの微調整、初めての埋木、色合わせ
と悪銭苦闘。
反り止めのアリ部分を補強し、天板は埋木をしました。

そして、、、、

こんな感じになりました。
CIMG0494.jpg

木目も合わせて、色もうまくのったので、ぱっと見わからないのでは??
CIMG0495.jpg

「期待以上、素晴らしい。」とお客さんにも喜んで頂きました!


お客さんに喜んでもらって、自分も勉強になって、楽しく仕事をやらせてもらいました。
最高です。

ありがとうございました。


関連記事

かみなりが


落ちました。

「続 原点民芸 池田三四郎 用美社」

自分の作りたいものはこれでした。

実用的民衆的工芸品

自分の感覚、目指すものが、見事な文章と、写真で表現されているのを見ると、不思議なもので、心が洗われる。
なんとも表現しがたい悦びと感動に浸っている。

知らば見えじ

見ずば知らじ

要するに
呑めばわかる!

あれやこれや考える前に、色眼鏡を外して、ものを見なさい。
ということ。

作り手も、
あれやこれや考える前に作りなさい。ってこと、じゃないかな?
どうしても機械を使うと、考えることが先に来る。無理もきく。頭で作る家具。

手の仕事は、無理はできない。でも自由に冒険はできる。手が考え、手が作る家具。


話を最初に戻すが、

実用的民衆的工芸品の境地
は、おそらく手加工でしかたどり着けない道ではないだろうか。

今さらこの道を行くのか?
今、誰も歩まない道だからこそ、歩む価値はある。

言うなれば
目指すは

飛騨高山実用的民衆的生活工芸家具

長いわ!(笑)


見ればわかる。

そういうモノに昇華していけるか。
今後の課題です。


関連記事

道具




お客さんに使ってもらう、とある生活道具一つ作るのに、
こんなに道具使います。
使いすぎですね(笑)


道具を調整して、使えるようにするところから始まります。

お客さんのために、作り続けていくなかで、道具も増え、腕も上がり、
お客さんの望むものを作れる職人になっていくのだろう。



関連記事

お問い合わせ

親方にブログ経由で問い合わせがあったらしい!祝!
見てくれる人はいるんだな。少しはお役に立てたかな?

親方の仕事を知る人が増えるのはうれしい。

家具工房春夏秋冬のブログ
http://ameblo.jp/shyunka1990/
関連記事

削り馬完成


できました。

使ってみましたが、
しっくり来ない。

改良の余地ありそうです。

道具は自分に合わせて、仕事に合わせて変えていくものだと実感。
関連記事

家具の修理 丁番の交換

家具の修理をさせてもらいました。

L04B0132.jpg

丁番が壊れてしまい、扉が外れてしまっています。

L04B0136.jpg

壊れた丁番を付け替えます。

今回は、ピッタリの丁番がなく、本体を削って調整したため、少し時間がかかりましたが、無事に直りました。

お母さんの嫁入り道具を、新たにご結婚された娘さんが使われるそうです。

大事に使われていたようで、とても喜んで頂きました。

素敵な仕事のご縁を頂きありがとうございました。




関連記事

木のくつべら直します

L04B0771.jpg


「くつべらが厚すぎて、痛い。」
「くつべらを欠けさせてしまった。」

「捨てようかな?」

ちょっと待ってください。
木の道具は直せます。
使いやすいように形を変えることもできます。

先日友人が冒頭の悩みを相談してくれました。

そんなことなら任せてくれ!

木の道具、せっかくなので大事に使ってもらいたい。
なので削り直しします。
くつべらを修理してくれるところってあまり無いように思います。

反り台カンナがないと仕事やりにくいからかもしれません。

↓こんな道具です。
d410470.jpg


よく使う道具ですし、上達したい道具でもあります。

木のくつべらでしたら、無料で直します。送料はご負担願います。
お近くの方はお持ちください。

くつべらを直したい方はご検討ください。

※ページ左側の「メールフォーム」からお問い合わせください。


※直せない場合もありますので、あらかじめ写真などで状態を確認させていただければ、幸いです。




L04B0772.jpg

L04B0773.jpg
関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。