スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これなんだ?


おはようございます。
写真のこれ何かご存じですか?

もちもろこし

と言うそうです。
昔は良く食べたそうで、懐かしい人もいるかもしれません。

初めて頂きましたが、風味が良くて、噛めば噛むほど味わいがあります。うまいです。

最近は甘い野菜が多いですが、旨味のある野菜っていいですよね。



関連記事
スポンサーサイト

ナタで割りました


明日はナタで割った材料をカンナで削って、はし作り。

難易度高いが子供たちは楽しんでくれるだろうか。
ひのき、チェリー、イチイ、けやき、コクタンまで色々な木を割らせてもらいました。

粘りや堅さ、木目の様子
、割り方のコツ
ええ経験でした。

ちなみに、ひのき、コクタンは良いです。
チェリー、イチイもきれいに割れますが、コントロールにはコツがいります。
ケヤキは堅くて、粘って、むつかしいです。
みずめ、エンジュは木目が曲がっていて失敗。



関連記事

美しい所作

美しい所作から、すべては始まる
心のありようも、ものをつくることも

気づいたつもりだが、腑に落ち
会得し体現できるのはいつになるか

「いつか」は永遠にやってこない
そして「今」もまた通りすぎると永遠にやってこない。
だからこそ、なすべきは今
今できないとすれば、それは心と身体が閉じているから、常識や偏見や癖のなせる技。自分への諦め。

すべてを捨てて、良いものに目を向け、実践しよう。
子どものように。



「良いところを見よ。悪い部分は忘れよ。」松田権六先生格言より引用。
関連記事

お知らせ 8月24日よい食パク博



おはようございます。
8月24日(土)
JA松本ハイランド グリンパルにて
よい食パク博 というイベントがあり、マイはし作りを行います。(私は親方のお手伝いです。)

ナタや手ノコで木取った材料をカンナで削って箸に仕上げてもらいます。
11、12、13、14時スタート(計4回)各6名様限りです。
おにぎりやカステラ作り、軽トラの新鮮野菜の販売などもあります。
お近くの方は、ぜひ遊びに来てください。

さて、親方、機械なしで、どうやって木取りましょうか、、、?



関連記事

ご縁 古民家の再生

色んなご縁を頂く日々に感謝しています。

最近、古民家の再生
に取り組んでいる方々にお会いする機会を頂きました。

どこか根底に共鳴するものを感じざるにはおれないです。

うちの古民家もそんな人の手を借りて
再生できれば、より良いものにできるのではないでしょうか。

誰かに何かをお願いする。
そんな時のためにも、自分を磨いておきたいと思います。


関連記事

ブックエンド


父がデザインしてくれた、ブックエンドです。


塗装なし
かんな仕上げ

正面の角(二ヶ所)の
古いタンスなどによく見られる、
「両端留め組み継ぎ」がアクセントになっています。

大きな本でも、しっかり支えてくれます。
箱の中にはCDや文庫本がおさまります。

テーブルの端材を、ノコで半分に挽き割って利用しました。




関連記事

今日の言葉

今日の言葉
「正しい姿勢ひとつ取れないで、
自分の身体を自由に使いこなす努力もしないで、
どうして心地よい椅子など作ることができようか。」
矢田部英正


手道具でものを作りながら、
自分自身の身体感覚を磨くことが大切だな~
と思わせてくれる言葉です。

関連記事

座右の書


「丁稚のすすめ」
秋山利輝

木工を志したときから描いていた職人像と重なり、かなり影響を受けています。
心が一流なら腕も一流になれる!


禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本
枡野俊明

自分が理想とする所作が描かれています。

美しいものをつくるために、まず自分が美しくなります。


いずれも、机の上において時間があれば読んでいます。
おすすめです。

日本人になりたいのです。
自分はまだ胸を張って日本人だとは言えないです。

多くの日本文化を捨て去ってきたからです。
自分の中の「日本人」を取り戻しているところです。

関連記事

1年のうちの1ヶ月目

夏のひと月が過ぎました。

毎日朝の7時から夜の6時過ぎまで、ひたすら手道具で木と向き合い家具を作る日々です。

いろんな考えが頭をよぎります。

板一枚のこぎりで割るのに2時間かかったり
平面を出したり厚みを決めるのに削っては研ぎ削っては研ぎを繰り返し2時間経っていたり
そのうち体力的につらくなることも、、

でも、研ぎの技術、鉋のかけ方、ノミで削るコツ、のこぎりのひき方
など、苦労した分だけ、どうにか楽をしようと、良くなっていくことを実感する日々です。

工房にいる以外は、居候させて頂いている分、常に迷惑かけないように、心がけて生活することができます。
生活に最低限必要なものが揃っているので幸せです。
家族とたまにしか会えないのは、さみしいです。
絶対一緒に住みたいという気持ちは日ごとに増すとともに、
今は自分を見つめる時間、自分を磨く時間を頂いているという思いです。

時間を奪われるもの、捉われるものがないので、時間が増える感覚もあります。

日々


「手だけで家具を作る事は意味がある」

と親方と、漠然と、確信を持ってやっています。

今の所、自分として出てきた答えらしきものは、

●Easy come easy go
逆に、時間をかけて得たものは、そう簡単になくならない。じいちゃんも「知識や経験は誰も奪っていかない。」と言ってました。

●肉体的、精神的に鍛えられる。
自分で自分の体力の向上にびっくりしています。 睡眠時間が短くても良くなる。疲れない体になる。

●機械の特徴
機械は、音が大きいです。早く大量に作れます。手での経験を積む機会を奪います。
手加工の音は心地よい音がします。ヘタクソだと変な音がします。

●基本が身に付く
のこぎりがまっすぐ引けるようになります。木の繊維と加工のコツがわかってきます。刃物を研ぐ回数は必然的に増えます。

少なくとも、修行という面では、実に「合理的な」選択だと感じています。
そして仕事としても、「合理的な」予感がしています。


関連記事

半円テーブル 完成& 納品

先週工房で仕上げた半円テーブル
天板、面すべて鉋で仕上げてあります。

時間はかかりましたが、なんとか自分自身では納得いく形に仕上がりました。

L04B0308.jpg

そんなかわいい我が子をお客様の元へお届けしてきました。

家具は道具です。使ってもらう人がいて初めて生きるものです。
その点、オーダーで作らせてもらうということは、使ってもらえることが決まっているので
家具にとってもうれしいはずですし、作り手としても「この人に喜んでもらえるものを」と思いながら製作できるので、幸せです。

実は、親方は独立してから、ずっと注文製作のみでやってきたという人。学ばせてもらう事は多いです。
自分も注文と修理の仕事メインでやっていくつもりです。

新築のお家の、カウンターキッチンにあわせる形で作らせてもらいました。
脚は取り外せるようになっています。

DSC_1316.jpg

お部屋の写真など拝見しながら、途中で細かいデザインの変更のご提案もさせてもらいましたが、
気に入って頂けたようで良かったです。

DSC_1317.jpg

あとは使う方が、この家具を育てていっていただければ うれしいです。

関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。