スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘 遊んでます


妻の手作りおもちゃで遊ぶ娘
帰ってきたら
笑顔で迎えてくれます

しあわせな瞬間

拓(たく)
関連記事
スポンサーサイト

星空

今日は少し暑かったが、外は涼しい。
夜空を眺めると星がよく見えた。

ので、妻と車を5分ほど走らせ、丘の上へ。

数えきれない星。
心が洗われる。

空が広いってええな~
星がたくさん見えるってええな~

ちょっとした星空散策でした。

見上げてご覧、夜の星を~♩

夜中になると町の灯りが消えるから、もっと見えるんやで~。


拓(たく)

関連記事

職人への道 導き

森林文化センターで、葉による木の見分け方を学んだ。
普段森として見ていたものが、一つ一つの木、葉、葉の周囲のギザギザまで
目が向くようになった。
より森の深さがわかった気がする。
もっと木のことを知りたい。

むっちゃ貴重な経験をさせてもらった。 先生ありがとう!

その後、郡上八幡経由でせせらぎ街道を戻ってきた。

元伝統工芸の大工さんがやっている木製品のお店「木地屋」
置いているものが、素晴らしい。
木の肌や曲線を活かした家具、大きな木など、すごく良い雰囲気のお店。
ネットでの宣伝はやっていないらしいが、興味ある人はぜひ行ってみるべし。
伝統的な大工が、食えなくなる世の中はおかしい。
「プレカットなんてえ、大工じゃない。面白くもなんともねえ」
おじさんの言葉が印象的。
我が家を建てるなら、この人か、阿保さんか、飛騨の匠に建ててもらいたい。

その後、清見の古民芸店が目につきふらっと立ち寄る。

店主は、実は江戸時代から続く真剣の流派の継承者。
剣の道、職人の道、についてお話を聞かせていただき、自分自身の道が
さらに明確に照らされた。

飛騨高山の匠の技術、職人の技、古来2000年以上受け継がれてきた日本の伝統

その延長線上に身を置く。そう確信した。

冒頭の話に戻るが
漠然と見ているうちは木々はただの森でしかないが
目を凝らし興味関心を持って関われば、
その木々は、それぞれ多様な歴史を持っていて、
自分自身に色んな学びを与えてくれる。

我以外皆我が師なり。

そんなこんなで運命の歯車と人の縁とが自分の進む道を
導いてくれている。

そんな感覚。

人生で初めて蛍を見て、星のまたたきにも似た自然美にただただ感動。
今日の出会いにも、涙が出るほど感動。

今日は間違いなく自分史に残る一日

拓(たく)
関連記事

岐阜県立森林文化アカデミー


今日は美濃の森林文化アカデミーに来てる。

樹木の観察と見分け方
っていう講座にこれから参加。
木のことを知ること
木工の基本やと思う。
楽しみやわ~。

突然やけど、今日から関西弁のリハビリを開始。


拓(たく)
関連記事

木工を学ぶ

ネットで色々調べていたら、
他の学校で木工を学んでいる個人のブログをいくつか見つけました。
品川にも長野も、非常に良さそうです。

無垢の家具作りでは、他校のカリキュラムが
うらやましく思えるのも本音。

でも、ここ高山に来て良かった。

この地で、良き先生と出会い、良きライバルたちと
出会えている。

もっと木に触れ、木のことをしりたいと思う。
先生やライバルたちからもっともっと多くのことを学びたいと思う。

加工の腕はまだまだ未熟です。
刃物の研ぎもまだまだです。
でも、不安はないです。
できるまでやるだけです。


拓(たく)
関連記事

木工芸術スクール生徒としてのある一日

どんな生活をしているか今日一日を振り返ってみた。

4:10 目覚ましが鳴る。娘もちょうどおきておっぱい中。
4:50 二度目の起床 身支度
5:15 刃物を研ぐ
6:30 朝食
7:10 学校へ
7:30~8:30 自主練 板材の加工、研ぎ
8:30~ 木材加工法の授業
10:15~ 安全衛生の授業
12:00~12:30昼食
12:30~13:00 自主練
13:00~15:40 実習 板組 包みあり五枚組接ぎ
15:40~16:00 掃除
16:00~17:00 自主練
17:00~18:15 刃物を研ぐ
18:40 帰宅
18:45 娘と入浴
19:30~20:15夕食
20:15~20:45
20:45~21:00 洗い物
21:00~21:15 読書
21:15~ メールチェック、ブログ記入
22:30 就寝予定

だいたいこんな感じの生活だ。
毎日「掃除」があるのも、いいなと思う。
食事の時間も一定で、身体のリズムができている。
このあたりは妻に負うところが大きいです。
ネットをしていると夜更かしするときがある。

娘は20時ごろ寝て、4時に一度起きて、
6時ごろ本格的に起きる。
我が家の一員として、とてもいいリズムで生活してくれている。

拓(たく)
関連記事

家具との出会い

とあるリサイクルショップで
「鼠入らず」と思わしき棚を見つけた。

正面の框は、ほぞ組加工してあり
手仕事の様子が伺えたことと、
板が黒ずみ、何とも言えぬ味わいを出しているので
購入した。
水拭きと、稼働部に和蝋燭を塗ってとりあえず、使える状態になった。

家においてみると、時の流れを感じさせてくれる。
そんな風情を醸し出している。

上部の格子と磨りガラス、そして木目の色合いが良いです。

ねずみいらず



拓(たく)
関連記事

木材の加工(のみ、のこ)


今は手加工での木材の接ぎ方の訓練をしています。

テスト課題を組み上げてみました。
ずいぶん時間かかったけど、
形になったことがうれしいです。

徐々に良くなってきているのでやりがいもあります。
鉋(かんな)の研ぎはまだまだ進展が乏しいですが、
できるようになるまでやるだけです。
終わりはないです。

拓(たく)
関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。