窓から見える風景


庭の自家製プランターにはラベンダー、マリーゴールド、ミックスサラダ、二十日大根、カモミール
田植えの終わった田んぼの向こうには山が見える。

毎日癒やされています。

拓(たく)
関連記事

大切なあなたへ伝えたいこと

今や、日本全域が放射線管理区域と同レベル、人ごとではいられないようです。

原爆の爆心地近くで被爆しても生きながらえた、人々が実践していた方法があります。

玄米、塩、味噌を食べる。
です。

「毎日、玄米を炊いて、みそ汁を食べる、ぬか漬けをそえれば良し。」

これで大丈夫。放射線なんて怖くない。

根拠は?
と思う人も、どうかまずは信じてみてもらいたい。

とりあえず、玄米、塩、味噌をとることを意識
やってみて、身体に合わないと思ったらやめたら良いと思います。


どうか、みなさんが健康で活き活きと暮らせますように。


妻と結婚し、菜食の割合が増え
出産を機に乳製品と砂糖を全くとらなくなり、
肉や卵を食べる機会もうんと減りました。
油もほとんどとらない。

これで、人生が変わりました。

食べ物で人生が変わる
今日はそんなお話でした。

船越康弘さん@飛騨世界生活センター
の講演に行ってきました。


拓(たく)

関連記事

木のケータイ購入

ケータイ

ケータイ電話を購入しました。
長年使ったAUからドコモへ
これで両親とも通話無料に。

木のケータイ電話がほしかったけど
タッチパネルはいやなので、自作しました。
といってもシール状になっている木を買ってきて
貼付けたもの。

塗装をどうしようかと悩んでいたら
漆塗りをしてくださるとのことで、お願いした。
予想以上の出来ばえ。

ありがとうございます。漆名人!!!

日本古来の漆。
今後使ってみたいと思う。

屋久杉のケータイストラップです。これもいい香りがするんです。

壁紙にいつもいやされております。

けーたい1

拓(たく)
関連記事

高山市図書館

高山市図書館


高山市の図書館。
建物は木をふんだんに使っており、新しい。
インターネットからの検索/予約も可能。
マンガも含め蔵書も豊富。
町の中心にあり、行きやすい。
駐車場も完備。
一度に10冊まで借りられる。

いっぱい借りました。

借りた本

高山市図書館HP

関連記事

木と木

いよいよ、学校で「ほぞ加工」が始まった。

ねじや釘を使わず、木と木をくっつける。

ワクワクします。


拓(たく)
関連記事

飛騨民家のお手入れお助け隊

大黒柱と太い梁




高山市内の古民家のお掃除のお手伝いをさせていただきました。

太い梁、大黒柱、、黒光りしている木材、囲炉裏
どれもほれぼれしてしまいました。
古民家の良さを肌で感じたひとときです。

木に喜んでもらえるように心を込めて掃除させてもらったつもりです。

飛騨の「美ら地球(ぼし)」さんの企画でした。
前々からネットで見ていて興味があったのですが
1年以上の時を経て、ようやく、参加できました。

今日頂いたたくさんの方とのご縁に感謝申し上げます!
ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。


拓(たく)
関連記事

出会い 子曰温故而知新可以為師矣

自分の行くべき方向を示し
アドバイスをくれる

偶然ではありますが、そんな「師匠」との出会いがありました。

まだ30分ほどお話しただけですが、
77歳のあの方から学ぶことが多い予感だけはしています。

偶然は、自分自身で引き寄せるもの。


「子曰く、故きを温ねて、新しきを知れば、以って師と為るべし」

自分のいいと思うものを作っていくことが、職人が生きていく道だと思います。
自分がいいと思うものを作っていけるかどうかは、色んなセンスと運が問われると思います。

拓(たく)

関連記事

0.1ミリの世界

最近

1ミリはとてつもなく大きい。と感じています。

より細かく
0.1ミリ単位を意識することが今までに比べてはるかに多いです。

刃物の研ぎ具合や、刃の出し具合、平面を作る際のでこぼこetc

人の生きる世界というのは
意識だけでこうも変わるものだということを実感しています。

0.1ミリに悩まされ、0.1ミリより細かいレベルまで追求していく
終わりなき挑戦

非常に面白いです。

木工の修行が、自分には合っていると感じます。


話を広げますが、

物事を考えるときに
広い視点、視野が大事だと思います。

0.01ミリ単位の技術を追求しながら、
時には、町、市、国、世界、宇宙といった単位、目線でも
世の中を眺められる。
そういう、職人でありたいと思っています。


拓(たく)

関連記事

西岡常一さんの言葉「魂を込めて研げ」

最後の法隆寺宮大工 西岡常一さんのビデオ
「社寺建築講座3 道具と技術」を拝聴

「かんな削りの際は、肚に力を入れ、呼吸を止めて一気に研がなあきません」
という言葉、早速実践してみると、
昨日よりは良い、かんなくずを出せました。

でも何より印象的だったのは、この最後の一言です。
「十二分に道具を研がななりません。
 魂を込めて道具を研ぐことですな。そうすれば良い仕事ができるようになります。」



常に刃は研いでおく。
何歳までも刃を研ぎすませている
そんな職人になりたいです。

じいちゃんは言っていました。
珠磨かざれば光なし。


拓(たく)
関連記事

開通

ようやくインターネットにつなぐことができました。
これで携帯でのネット利用は節約できる。

6万ぐらいかかる地域もあると聞いていたのですが
初期費用は無料(2年間利用のしばりあり)で月額も4千円かからずに
快適に利用できそうなので安心しました。

GWをはさみ10日間学校が休みだったので
清見のクラフト展を見学したり、
工房を訪れたり、
臥龍桜を見に行ったりして有意義に過ごすことができました。

清見のクラフト展で見た
Noctareというお店が最近気になっています。
ここの方の考え方や、商品のアイディアには非常に共感をしており参考にさせていただきたいと思います。
直接伺ってみようと計画中。

心製作所(KOZOインテリアスタジオに屋号変更)
こちらは人からお勧めして頂いたお店

こちらも近く訪れたいお店。
古民家を改築されたお話もぜひ伺いたい。


拓(たく)
関連記事
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人