スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳をしきました。トイレも改装完了!

L04B0110.jpg

来客用の部屋に畳をしきました。

本畳、い草の香りがたまらないです。

畳を運んだ翌日は筋肉痛でした。重い、本当に重い。

これで緑を眺めながら風のとおる部屋でお昼寝ができます!



そしてトイレもとうとう改装が完了しました。

L04B0111_20130615115807.jpg

L04B0112.jpg

頂いた無垢の板(カラマツ、スギ、ヒノキ)
近所で頂いてきた竹
端材で作った天井
割れをボンドで補修した便器
水漏れのため交換した水道管

ほとんどお金はかかってませんが、手間をかけた甲斐がありました。


寝室の板貼りも大詰めです。
古材も活用しながら進めてますが
面白い感じになってきました。
完成したら報告させてもらいます。


スポンサーサイト

GWは 涼しい古民家で 身体を動かし のんびり過ごす

GWは 涼しい古民家で 身体を動かし のんびり過ごす
と題して、イベントを行いました。

遠方の方を含め、総勢8名の方に参加してもらい、
土壁塗り、天井の板張り、ぬかくどづくり、さらにはゴミの掃除、トイレの板張り準備
を皆で実施することができました。

最初はかなり時間がかかり終わらないかな〜と思っていた土壁も次第に作業スピードが早くなり、無事外壁すべて完了することができました。
まだ塗りが厚いのと、砂の粒子が粗かったせいもあってか、ひび割れが出ているので、もう一度仕上げ塗りの作業必要かもしれません。
でも見た目は、以前の荒壁より格段に良くなり、「このままでもいいのでは?』とも思っています。

素人で塗った訳ですが、いい味出てると思います。
皆さんも楽しんでくれたようで何よりでした。

DSCN3244.jpg

DSCN3250.jpg

DSCN3330.jpg

DSCN3341.jpg


ペール缶を使った、「ぬかくど」製作も時間があればやろうと思っており、
当日提案したら「ぜひやりたい」と言ってくれたお二方にチャレンジしてもらい、無事完成。

DSCN3248.jpg

DSCN3267.jpg

DSCN3278.jpg

見事おいしくご飯が炊けました。
DSCN3273.jpg

DSCN3276.jpg

天井貼りでは、恐縮ながら本職の大工に腕を振るってもらい、
本職の技を身近でみせてもらいました。

さすがです。とても勉強になりました。

DSCN3315.jpg

DSCN3335.jpg

夜は囲炉裏を囲み、ゆるりと過ごしました。
初対面の方もいたのですが、皆 意気投合して、語り合っていました。
類は友を呼ぶというのもあるでしょうが、古民家、囲炉裏のもつ魅力かもしれないです。

DSCN3304.jpg


今回活躍頂いたみなさんです!
DSCN3363.jpg

DSCN3362.jpg

またご縁がつながっていくと思います。

このようなイベントは初めてだったのですが、
とても楽しかったので、またやりたいです。

五右衛門風呂の設置
石釜づくり
薪ストーブ設置

などなど、思案中です。

外観も格段に良くなり、
古民家が活き活きとしてきたように思います。

天井張り と 土壁塗り

天井にスギ板を貼っていく。

長さを切って(少し長過ぎて入らない)
天井にあてて、釘で打っていく。(押さえておくのが難しい。隠し釘というのを打つのだが、これがまた難しいので、外から見える形で釘を打つやり方に変更!)
サネの凹凸をあわせて差し込んでいくのだが、曲がったり、厚みが厚いところがあったりでなかなかうまくいかない。 事前に差し込んでみてあわないところはかんなで削ることでようやくスムーズに作業が進むようになった。

約4時間で1坪くらい、、
仕事遅すぎです。
容量つかんだので、あと1日あれば天井は終わり、壁に向かえそうだ。

今日の反省:土台は作業しやすいように、脚立2台+踏み板 にした方が良い。
      3人体制が望ましい。
      長さを切る作業、板を渡す作業に1人、残り2人で板を支えながら、サネをはめて釘を打つ。
      板は1センチほど短めで良い。端は壁の板が来るので隠れる。

現状はこんな感じです。↓
P2013_0415_173422.jpg

見違えるように良くなっていく!やりがいあって、楽しい。


合間に、土と畳のワラをまぜて土を作ってみた。
なんだかいい感じだったので、試しに塗ってみる。
柱と壁の間に隙間があるので、これをうめていきたい。

土は購入も考えているけど、庭に良い泥があったので実験中。
思えば、昔は近くにある素材で家を造ったはず。土と木。
ものは試し、水の具合、発酵具合など調整しながらやっていこうと思う。

いい感じ♪

と思ったけど、もっと粘り気があるのがいいみたい。

次回は、土と砂利や石をフルイで分けてから、5センチくらいに切ったワラをもっとたくさん
混ぜてみようと思う。

P2013_0415_154140.jpg

はじめからうまくいかない。
でも、やればやるほど、うまくなっていく。
自分でやると、お金もあまりかからない上に
自分自身に経験と智恵が蓄積されていく。
自分でやってみるって本当に面白い。


今日の出来事 春の古民家改修と開墾、そしてウドの収穫

今日は朝から、開墾。
ビニルハウスが雪で倒れ、何年も耕作放棄地になっていた場所を
鉄の骨組みをばらし、草を刈り、鍬で根を取り、表土を少しだけ耕す。

二人掛かりで、半日程度
案ずるより産むが易し
とは言うが、最初は大変そうに見えても、コツコツやれば
案外作業は進むもの。

昼を過ぎて、そのあとは
側溝の泥掃除、庭木の剪定、ゴミの整理、掃除

作業終わると、早 5時

近所に生えていた、うどを収穫し
山水を汲んで、帰路につく

一日身体を動かし、ごほうびに
うどの天ぷら、生ウドのごま味噌和え、うどのきんぴら、そしてうどん

初物でした。
生のうど、こんなにもみずみずしくて、香りのあるものだったとは知らなかったです。
いただきました。


今日は天気も良く
清々しい一日でした。

この一週間で、大工さんに屋根、床を直してもらい、
畑を作り、ゴミも整理しました。
お風呂の給湯器とトイレも、
近所の設備屋さんに相談したら
薪でも灯油でもお湯を沸かせる、兼用釜というやつが
中古で手に入りそうで
トイレも和式か洋式の簡易水洗が手に入りそうです。

壁に貼る、木の板も、知り合いのご縁で
地元の木を格安で譲って頂きました。

いつの間にか、随分と作業進んで、もうすぐ住めそう。

来週、ゴミ出しをすれば随分と良くなりそうな予感です。

壁の板貼り、かまどづくり、壁塗り
をこれからGWにかけてやっていこうと思ってます。

一緒にやってみたい、俺に任せとけ、ちょっと観てみたい
などなど
お気軽に連絡&遊びに来てください。
コツコツとやっていきますので。

飛騨民家のお手入れお助け隊レポート

以前、お掃除の協力を頂いたときのレポートが
HP上に掲載されていたので、紹介させてもらいます。

飛騨民家のお手入れお助け隊レポート

最近は雪下ろし、床板を貼る
が終わったところです。

近々の予定は
壁板を貼る。
板壁を外す、
かまどを作る
です。

なんとか暖かくなった頃には住み始めたいと思います。



を予定しています。
フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。