飛騨の木で時計作りワークショップ


昨日、神岡町で飛騨の木を使った時計作りワークショップに講師として行ってきました

aa.jpg

こんな立派なチラシまで作っていただき、

ご縁あって、神岡町でサービス付き高齢者向け住宅 ひだまりハウス を営む NPO 縁がわさんによんでいただきました

先月はかんなでのお箸づくりでしたが、今回も有りがたいことに満員御礼でした
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

はっぱや 木を使うまでの手順や時間など、木にまつわるお話をさせてもらった後、
 
子どもたち各々の感性で、木を選び、端材や、まつぼっくり、どんぐり 枝などの自然の素材でデザインし
手回しドリルやノコギリ、カンナなど道具を使い、作り上げました

一緒に夢中になって親子でわいわいと作っている姿もありました。
口を出さずに見守っておられた親御さんもおられました。


穴あけにも四苦八苦
「こんな道具使ったことがない」
「楽しい!」
IMGP1696.jpg

IMGP1695.jpg

夢中になって工作している姿は美しい。
IMGP1697.jpg

IMGP1701.jpg

IMGP1700.jpg

講座終了後は

とっても満足。
素敵な時計ができた。
木のお話が良かった。子どもと散歩しながら木の話がしたい。

といった声をいただきました


なるべく型にとらわれず自由に作ってもらいたいな~と見守っていましたが、
準備した材料で不満はないかな、などと心配もしていましたが

たくさんの素敵な時計ができました。

FotoJet Collage2

今後もワクワクする手仕事の体験を伝えていきたいです。

ワークショップの様子はfbひだまりハウスでも紹介されてます
fbリンク

貴重な機会をいただきありがとうございました。


たく

ウォールナットのダイニングテーブル納品に伺いました。

納品!
ウォールナットのテーブル。
ウォールナットテーブル3
お待たせしましたがなんとか年内に納めさせて頂きました。

脚は取り外せるようになってます。

天板は部屋の動線に邪魔にならない、弧の形。
材料の都合もあり、天板は明るめ、脚は濃いめウォールナットのツートーンカラーに。
落ち着ける低め(680ミリ)をご提案しました。


ウォールナットテーブル1

「空間に合っている」

と気に入って頂けたようです。

ベンチも寸法を伺っていたので、足下に収まるように配慮し、
他4つのイスも自然に収まってくれました。二本脚ならではです。

ウォールナットテーブル2


テーブルの脚 飾り棚の扉 の修理

本日は大阪のお客様宅に修、古い家具の修理にうかがってきました。


「イタリア製のテーブル」

脚の部分が、大きな衝撃を与えたときに外れてしまったとのこと。

IMGP2696.jpg



IMGP2697.jpg

幸い、木の部分に破損がなく、一度分解して、再度ねじを締めてやることで
きっちりくっつきました。

中央部分が延長できる、大きなテーブルです。

IMGP2726.jpg


「黒檀の飾り棚」
左下の開き戸部分ですが、軸が壊れていたのと本体側の固定部分の埋め木がなくなっており、
すぐに扉が外れてしまう状態でした。

左側(扉の下)の出っ張り(軸)がありません。
IMGP2703.jpg

IMGP2700.jpg


扉や外れていた部材をつけると本の姿に戻りました。
黒檀で、丁寧に作ってあり、螺鈿の装飾も比較的きれいに残っています。
IMGP2709.jpg


こちらは「紫檀張り桐の箪笥(たんす)」です。

IMGP2724.jpg
中央の引き出し部分を出し入れすると音が出るようになっています。


引き出しの接合部は「アリ組み」と角を斜めに接合した「留め継ぎ」でとても丁寧に作られています。
桐も厚く使っています。
IMGP2718.jpg

鍵穴を隠す金具も洒落た珍しい金具です。
IMGP2723.jpg


こちらのタンスは、ところどころ割れや、ない部材があるので、次回改めて伺い修理をさせて
いただくことになりました。

たくさん合った家具の中から、これだけは捨てずに残してきた、
とおっしゃる道具たち、どれも珍しく職人の個性も見える素敵な家具でした。

勉強させていただきました。



「せっかくの良い家具、壊れたまま置いてませんか?
良いもの、愛着のあるもの
お直しさせていただきましす。
お見積もりは無料ですのでお気軽のお問い合わせください。」



イス、ロッキングチェアーの修理

先日、「イスがぐらつく」

と、ご相談をいただきました。

後ろ脚と座面を支える部材(幕板)の接合部分がぐらぐらしていました。

一番負担がかかるところですし、
時間がたつと木が縮んだ分、ほぞがゆるくなります。

一度解体し、ほぞを少し厚くして、組み直します。

DSC_0440.jpg


こちらは、珍しい折りたたみのロッキングチェアー。
ロッキングチェアーは、場所を取りがちなので、これは良い。
DSC_0443.jpg


座ると重心が前に来て、倒れてしまうとのことで、
ソリの部分に部材を足して、改良しました。

DSC_0448.jpg

「これでゆっくり座れる。
30年前の愛着のあるチェアーが蘇った。」と喜んで頂きました。


修理の仕事は手間はかかりますが、
・他にはないもの、大切なものが また使えるようになる。
・材料も過去の仕事も大切にできる。
・同じ仕事はないので、毎回新鮮。

いいことづくめです。

新品を買ったほうが安い!
というのはイヤなので、なるべく勉強させてもらっています。
(自分の勉強にもなるので)

かわいい椅子が旅をしています

かわいい椅子には旅をさせよ
の企画で

わたしの作ったイスが
憩の森というカフェに旅しているそうです。

「当店の珈琲は、手回しロースターで約30分ほど焙煎します。」

HPで見ても、雰囲気も素敵で、ぜひ期間中に一度訪れてみたいです。

5/31(日)までです。

フォトアルバム
ごあいさつ
高山で家具を作っています。
木の家具づくりと古い家具の修理が大好きです。
毎日勉強させてもらってます。

蔵に眠っている家具ありませんか?!(^^)!

あなたの生活に合わせたデザインや サイズの「あなたのため」の家具を ご予算内で提供したいと考えています。

「木の家具ってやっぱりいいな」
「木の道具ってなんだか落ち着く」
そう言っていただけるよう 仕事をしていきます。
ようこそ
『やどりぎのホームへ』
最近の記事
記事(カテゴリー別)
最近のコメント
お問い合わせ

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
サイト内検索
アクセス数
おすすめのサイトへのリンク
FC2アフィリエイト
予約宿名人